【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた

 

 

 

「【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた」のあらすじ

 

それはどこかで聞いたことがあるような失敗談。

 

まさかそんな事態が自分の身に起こるだなんてまさに他人事と思っていたが――

 

沢村秋子、34歳。美人で巨乳だけれど、気が強く男を寄せ付けない性格が災いして未婚。

 

社内では「行き遅れババア」と陰口を叩かれている。

 

その部下である青年もまた10歳年上の女上司を苦手に感じていたのだけれど…

 

しかし偶然、ふたりきりで酒を飲むことになったとある夜予想外の展開に。

 

女上司の意外な可愛い一面と、ガードの緩さを目の当たりにして若い性欲が大暴走。

 

酔った勢いで強引に唇を奪いベッドイン。

 

お堅いスーツをひん剥けば、その下にあったのは絶妙な肉付きな半熟とろとろボディ。

 

ずっと他の男の手つかずだった処女穴は、挿れた瞬間発射しそうになってしまうほどの超絶名器。

 

孕ませたら人生終了になると分かっているのに、気づけば生ハメ膣内出しをしてしまっていた。

 

それからというものふたりはセフレのような関係になって行くのであった…はたしてハメたのかハメられたのか。

 

行き遅れ女上司との生セックスにハマってしまった若い男の将来はいかに。

 

 

続きはこちらから
まんが王国 アダルトコミック