S家に嫁いだM嬢の日常



 

 

 

あらすじ

 

孤児であったM嬢が嫁いだS家には嫁いだものに優秀な子を孕ませるためにある教育を行う習慣があった

 

――メリーの一日の始まりはメイドによる膣内のチェックから。

 

膣に張形を入れたまま馬術の稽古、医者から学ぶ女性器の名称と触られたときの反応…。

 

これもすべてサルバトール家の方針である「充分に快楽を得られる身体で身籠った子は優秀に育つ」というもののためです。

 

様々な教育を終え、夜、旦那様と2人きりの時間が始まります。

 

メリーの一番の楽しみが一日頑張ったご褒美に膣奥にたっぷりと種付けをしてもらえる時間なのです…

 

 

こちらから

 

S家に嫁いだM嬢の日常